メインコンテンツに移動

【昭和の甲子園 真夏の伝説】File3 昭和52年 最強左腕VSバンビ坂本 劇的な結末

2021年05月28日 12:00

スポニチスクエア

ドラフト1位確実の「江夏2世」VS投手経験5カ月の15歳エース。1977年(昭和52年)の決勝は異色の対決となった。東洋大姫路(兵庫)の松本正志は剛速球を武器に圧倒的な強さで勝ち進んだ。春3度の優勝経験のある愛知の名門・東邦のエースは1年生の坂本佳一。入学後、投手に転向した華奢な右腕が母校を初の夏決勝に導いた。豪腕VSアイドル。延長にもつれこんだ両エースの対決は夏の甲子園史上初の劇的な結末を迎えた。

コメント投稿で50ポイントプレゼント!
ポイントを貯めて豪華賞品が当たるキャンペーンに応募しよう!

ニュース一覧へ