メインコンテンツに移動

【昭和の甲子園 真夏の伝説】File10 昭和58年 KKデビュー  時代が変わった準決勝

2021年07月23日 12:00

スポニチスクエア

甲子園という夢舞台。時代と主役が入れ替わった大一番がある。昭和58年(1983年)8月20日、65回大会準決勝。池田―PL学園。やまびこ打線を擁し夏春連覇の最強軍団と1年生投手&4番で挑む大阪の強豪との対戦だ。後にともにプロ野球巨人からドラフト1位指名される水野雄仁と桑田真澄が聖地で初めて交錯した1時間25分のドラマは試合前には誰ひとり予想しない結末となった。

コメント投稿で50ポイントプレゼント!
ポイントを貯めて豪華賞品が当たるキャンペーンに応募しよう!

ニュース一覧へ