メインコンテンツに移動

【内田雅也が行く 猛虎の地】File008 東京会館別館 東拓ビル「ツクバ」~重大会議が開かれていた内幸町・丸の内一帯

2021年03月15日 12:00

スポニチスクエア

 黒潮に洗われる南紀勝浦は阪神の選手たちが再起を懸けて故障と闘った町である。1979年(昭54)から88年(昭63)まで、シーズンオフに故障選手や新人選手がリハビリテーションやトレーニングを積んだ。
 元トレーナー、現球団本部付医療担当の猿木忠男(62)は勝浦を「不安と希望の入り交じった思い出深い場所」と言う。先に阪急選手が訪問して成果をあげていた評判を聞き、派遣を決めた。
 那智勝浦町立温泉…


コメント投稿で50ポイントプレゼント!
ポイントを貯めて豪華賞品が当たるキャンペーンに応募しよう!

ニュース一覧へ