メインコンテンツに移動

【内田雅也が行く 猛虎の地】File015 大阪・京町堀 金田正泰自宅~反対派が会合し、連判状「退陣要求書」を作成

2021年05月03日 12:00

スポニチスクエア

 スカウト青木一三の予告通り、1956年(昭31)オフには大騒動が巻き起こった。「藤村排斥事件」である。主力選手が監督(選手兼任)の藤村富美男の解任を要求し球団と対立した。
  主な経緯を表にまとめてみた。内紛・抗争劇は50日以上に及んでいる。
  発端は11月2日、大映のコーチから監督に昇格した元監督・松木謙治郎来阪で開いた「監督就任を祝う会」。主将・金田正泰、真田重蔵、大崎三男、田宮謙次郎…


コメント投稿で50ポイントプレゼント!
ポイントを貯めて豪華賞品が当たるキャンペーンに応募しよう!

ニュース一覧へ