メインコンテンツに移動

【内田雅也が行く 猛虎の地】File020 西宮球場~強力打線を象徴する試合

2021年06月07日 12:00

スポニチスクエア

 戦後初のシーズン、1946年(昭21)7月27日、阪神-巨人8回戦が行われた。場所は西宮球場。甲子園球場は進駐軍が接収中で使えず、関西での試合は西宮と藤井寺で行っていた。
 4-4同点の6回裏だった。一塁側阪神ダッグアウトで藤村富美男がどこからか新聞紙を3、4枚持ち出し、マッチで火をつけた。たいまつのようにかざし、振り回しながら、怒鳴った。
 「ダイナマイトに火がついた」
 近くにいた土井…


コメント投稿で50ポイントプレゼント!
ポイントを貯めて豪華賞品が当たるキャンペーンに応募しよう!

ニュース一覧へ