メインコンテンツに移動

【オリムピック 金色の記憶】東京1964総集編

2021年02月08日 12:00

スポニチスクエア

1964年(昭和39年)10月10日、国立霞ヶ丘陸上競技場。アジアで初となる夏季オリンピック東京大会が華やかに開幕した。1940年(昭和15年)の開催権を返上していた東京にとって悲願の大会。戦後の混乱が色濃く残る54年に立候補に動き出してから丸10年。敗戦で打ちのめされた日本国民に世界への扉が開いた瞬間だった。開会式翌日の11日、渋谷公会堂で開催されたウエイトリフティングのバンタム級。日本の一ノ瀬史郎が銅メダルを獲得した。初の表彰台に国民は沸いたが、それは翌日のフェザー級に出場する選手への期待の表れでもあった。

コメント投稿で50ポイントプレゼント!
ポイントを貯めて豪華賞品が当たるキャンペーンに応募しよう!

ニュース一覧へ