メインコンテンツに移動

【我が道 小林稔侍(18)】役から教えられた「受ける」役

2021年01月16日 10:00

スポニチスクエア

 1986年4月から放送されたNHK朝のテレビ小説「はね駒(こんま)」は明治から大正にかけて活躍した女性新聞記者の半生記。ヒロインには斉藤由貴さんが起用された。僕は由貴さんの父親役をいただいた。これより3年前のドラマ「みちしるべ」のとき、「面倒を見る」と言ってくれた岡本由紀子プロデューサーが約束を覚えていて再び声をかけてくれたのだ。  平均視聴率が41・7%というから、今から考えても凄い。武骨な…


コメント投稿で50ポイントプレゼント!
ポイントを貯めて豪華賞品が当たるキャンペーンに応募しよう!

ニュース一覧へ