メインコンテンツに移動

【我が道 小林稔侍(21)】山田組に残っていた空気

2021年01月16日 10:00

スポニチスクエア

1978年に東映専属からフリーになり、他社の映画にも出演する機会ができた。初めての松竹作品は82年公開の「疑惑」だった。松本清張の小説が原作で、保険金殺人事件を題材にしたサスペンス。「宗方」という名の検事役をいただいた。  映画会社といっても各社それぞれのカラーがある。「松竹」を意識しすぎたわけではないが、どんなふうに演じるか自分なりに考えたりもした。すると野村芳太郎監督が僕を呼ぶ。「稔侍さん、…


コメント投稿で50ポイントプレゼント!
ポイントを貯めて豪華賞品が当たるキャンペーンに応募しよう!

ニュース一覧へ