メインコンテンツに移動

【我が道 中畑清(21)】水面下で動いた労組選手会結成

2021年02月01日 12:00

スポニチスクエア

 プロ野球選手の労働組合をつくろうと動きだしたのは30歳になった1984年(昭59)だった。  日本プロ野球選手会には、野球教室などの事業を行う社団法人とは別に、待遇改善や選手の地位向上をプロ野球機構側に求めていく選手会があった。でも、いくら要望を出しても前に進まない。  対等の立場で話し合いのテーブルについてもらうにはどうすればいいか。誰かが「組合をつくるしかないんじゃないか」と言いだした。…


コメント投稿で50ポイントプレゼント!
ポイントを貯めて豪華賞品が当たるキャンペーンに応募しよう!

ニュース一覧へ