メインコンテンツに移動

【我が道 常総学院元監督・木内幸男(11)】松沼一家 兄も弟も父もすごかった

2021年03月01日 12:00

スポニチスクエア

 甲子園が遠かった時代。1968年(昭43)に一人の投手が取手二に入ってきました。後に西武で活躍するアンダースロー、松沼博久です。  何で甲子園に出てないうちに来たのか?その理由がふるってましたよ。中学3年のとき、練習を見に来ましてね。「グラウンドから利根川の川辺が見渡せて清々していい」って言うんだからね。  確かに、あの頃はグラウンドから利根川が見えましたよ。向こう岸の千葉まで、ずーっとね。…


コメント投稿で50ポイントプレゼント!
ポイントを貯めて豪華賞品が当たるキャンペーンに応募しよう!

ニュース一覧へ