メインコンテンツに移動

【我が道 城彰二(6)】おやじに押し切られ鹿実へ

2021年03月15日 12:00

スポニチスクエア

 中学3年生の秋になると、進路について考えはじめた。九州では知られた存在だったので、多くの高校から誘われた。鹿児島実(鹿実)、国見、帝京、武南、室蘭大谷。いずれも強豪だが、僕は帝京に行きたかった。1学年上に松波正信さん(元G大阪)らがいて全国大会の常連、黄色のユニホームが格好良くて憧れた。おやじに「帝京に行きたい」と言ったが「おまえは鹿実だから」と、あっさりと却下された。おやじは地元を強くしたいと…


コメント投稿で50ポイントプレゼント!
ポイントを貯めて豪華賞品が当たるキャンペーンに応募しよう!

ニュース一覧へ