メインコンテンツに移動

【我が道 山本浩二(29)】相次ぐFA移籍~我慢の4番育成

2021年04月15日 12:00

スポニチスクエア

 監督として初めて優勝した1991年(平3)、一番の仕事は相手の先発投手を読むことだった。右か左かで4番を代えていたのである。  右なら西田真二、左ならロデリク・アレンか駆け出しの江藤智(現巨人打撃コーチ)。私やキヌ(衣笠祥雄)が抜けたカープに不動の4番打者はいなかった。  ようやく江藤で固定できたのは93年。1番から野村謙二郎(現広島監督)、正田耕三(現オリックス打撃コーチ)、前田智徳、そし…


コメント投稿で50ポイントプレゼント!
ポイントを貯めて豪華賞品が当たるキャンペーンに応募しよう!

ニュース一覧へ