メインコンテンツに移動

【我が道 山本浩二(27)】勝負の3年目を襲った非情の病

2021年04月15日 12:00

スポニチスクエア

 監督1年目の1989年(平元)、開幕の阪神戦(広島)こそ継投に失敗して痛恨の逆転負けを食らったが、2戦目から5連勝と勢いに乗った。1つ負けて今度は10連勝。4月は15勝3敗と快調に滑り出した。  打順は固定できなかったが、投手陣は先発が北別府学、大野豊(現広島ヘッド兼投手コーチ)、川口和久、長冨浩志、白武佳久…。中継ぎの紀藤真琴、川端順、清川栄治を挟んで抑えの津田恒実につなぐ。悪くなかった。 …


コメント投稿で50ポイントプレゼント!
ポイントを貯めて豪華賞品が当たるキャンペーンに応募しよう!

ニュース一覧へ