メインコンテンツに移動

【我が道 山本浩二(21)】センターから見た「江夏の21球」

2021年04月15日 12:00

スポニチスクエア

 古葉竹識監督の野球が浸透し、投打ともに戦力が充実した1979年(昭54)。カープは4年ぶり2度目の優勝を飾った。  10月6日の広島市民球場。阪神を4―3で破り、本拠地で初の胴上げ。歓喜の瞬間、マウンドには江夏豊が立っていた。前の年に南海(現ソフトバンク)から移籍してきた絶対の守護神である。  カープ2年目のこの年は9勝5敗22セーブ、防御率2・66。今のような1イニング限定じゃない。55試…


コメント投稿で50ポイントプレゼント!
ポイントを貯めて豪華賞品が当たるキャンペーンに応募しよう!

ニュース一覧へ