メインコンテンツに移動

【我が道 山本浩二(18)】8年目に体験「2年目のジンクス」

2021年04月15日 12:00

スポニチスクエア

 初優勝翌年の1976年(昭51)は出足が悪かった。開幕10試合35打数4安打1打点、1本塁打、打率・114。4番がこのありさまではチームが1勝7敗2分けとつまずくのも無理はなかった。  たしかにオフは忙しかった。初優勝に初の首位打者。テレビ出演やらイベントやらいろんなところに呼ばれた。浮かれ過ぎとか遊び過ぎと言われたが、そもそもオフに声を掛けてもらうのはいい成績を残した証拠。遊ぶのも毎年のこと…


コメント投稿で50ポイントプレゼント!
ポイントを貯めて豪華賞品が当たるキャンペーンに応募しよう!

ニュース一覧へ