メインコンテンツに移動

【我が道 牛島和彦(24)】「10・19」のため梨田さんと勝負

2021年05月06日 12:00

スポニチスクエア

 いつも閑散とした川崎球場のスタンドが超満員に膨れあがったのは1988年(昭63)10月19日だった。近鉄とのダブルヘッダー。近鉄が連勝すれば近鉄の優勝、近鉄が1試合でも負けるか引き分けたら西武の優勝が決まる。いわゆる「10・19」である。  ロッテの選手はつらかった。勝てば近鉄ファンから、負ければ西武ファンから恨まれる。勝っても負けても悪者。みんなで「とにかく自分たちの力を出し切ろう」と話し合…


コメント投稿で50ポイントプレゼント!
ポイントを貯めて豪華賞品が当たるキャンペーンに応募しよう!

ニュース一覧へ