メインコンテンツに移動

【我が道 牛島和彦(21)】星野監督誕生を喜んでいたら…

2021年05月06日 12:00

スポニチスクエア

 1986年(昭61)7月5日、山内一弘監督が休養した。就任1年目の84年は2位につけながら前年は5位。3年目のこの年も25勝32敗で5位と苦しんでいた。  監督代行を務めたのは高木守道コーチ。いったん4位に浮上したものの、最終的には5位に終わった。私は35試合に登板して3勝5敗16セーブ、防御率2・78。抑えとして成績を残すには登板数が少なすぎた。  シーズンが終わってすぐ新監督が決まった。…


コメント投稿で50ポイントプレゼント!
ポイントを貯めて豪華賞品が当たるキャンペーンに応募しよう!

ニュース一覧へ