メインコンテンツに移動

【我が道 牛島和彦(7)】ドカベン抜きでつかんだ甲子園

2021年05月06日 12:00

スポニチスクエア

 捕手が太くて投手は細い。香川伸行と私のバッテリーは1年秋の近畿大会から騒がれるようになった。週刊少年チャンピオンに連載されていた水島新司さんの人気漫画「ドカベン」の里中智―山田太郎に重ね合わせられたのだ。  もちろん人気は主人公のドカベン。普通、バッテリーは投手の名前が先に来るが、堂々と「香川―牛島の…」と書く新聞もあった。  確かに香川は凄い選手だった。1年生のとき、左翼93メートルの浪商…


コメント投稿で50ポイントプレゼント!
ポイントを貯めて豪華賞品が当たるキャンペーンに応募しよう!

ニュース一覧へ