メインコンテンツに移動

【我が道 輪島大士(11)】初優勝、“1日2勝”…飛躍の3年目

2021年06月01日 12:00

スポニチスクエア

 入門3年目の1972年は飛躍の一年となった。新小結の初場所で10勝を挙げ関脇に昇進。夏場所は12勝3敗で初優勝した。一人横綱の北の富士さん(現評論家)が途中休場し、上位も取りこぼしが目立つ中、1勝2敗から10連勝して、11勝2敗で14日目を迎えた。相手は高見山さん(元関脇、元東関親方)。それまでの相性は悪かったが、上手投げで下し、学生相撲出身としては1930年の山錦(元関脇、関西大)以来42年ぶ…


コメント投稿で50ポイントプレゼント!
ポイントを貯めて豪華賞品が当たるキャンペーンに応募しよう!

ニュース一覧へ