メインコンテンツに移動

【我が道 山口高志(16)】プレーオフ制し新人で胴上げ投手

2021年09月01日 12:00

スポニチスクエア

 プロ1年目の1975年(昭50)、前期優勝を受けて臨んだ後期は苦しんだ。後から思えば、早く訪れた「2年目のジンクス」だった。  打たれると直球を投げるのが怖くなり、小細工して、打者が「どうか引っかかってくれ」と祈る気持ちで変化球を投げていた。いくら直球を打たれても、直球を投げ続けて立ち直るようにしなければ勝てない。この考えにたどり着くのに2カ月かかった。6月5日の太平洋(現西武)戦(平和台)の…


コメント投稿で50ポイントプレゼント!
ポイントを貯めて豪華賞品が当たるキャンペーンに応募しよう!

ニュース一覧へ