メインコンテンツに移動

【我が道 山口高志(19)】苦しみ抜いた末の“本物 日本一”

2021年09月01日 12:00

スポニチスクエア

 先輩たちの打倒巨人に懸ける意気込みは相当だった。阪急は巨人V9時代に日本シリーズで5連敗していた。前年、広島を破り、初の日本一となったが「巨人を倒してこそ本物」との思いがあった。1976年(昭51)の日本シリーズはそんな空気の中で幕を開けた。  10月23日、後楽園での第1戦は同点の6回裏1死一塁で登板し直球で連続三振。1点勝ち越した8回裏は張本勲さん、王貞治さんの3、4番を直球だけで左飛、捕…


コメント投稿で50ポイントプレゼント!
ポイントを貯めて豪華賞品が当たるキャンペーンに応募しよう!

ニュース一覧へ