メインコンテンツに移動

【22卒】体育会学生に読んでほしい! 強みを120%生かすESの書き方

2021年03月11日 20:33

スポキャリ

  • 【22卒】体育会学生に読んでほしい! 強みを120%生かすESの書き方

3月1日の解禁日を過ぎ、コロナ禍でオンラインが主流の中、各企業へのエントリーも進んでいるのではないでっしょうか。

22卒体育会学生からはエントリーシート(ES)の書き方がわからないや体育会であった強みをどのように伝えていけばいいのかという話しをよく耳にします。体育会学生の皆さんの悩みを少しでも解決します。

 

エントリーシート(ES)とは

エントリーシート(ES)とは、就活生が企業に提出する「応募書類」のひとつです。

個人的にはエントリーシートで判断するというのはどうかという気もしますが、採用担当者からしてみると多くの学生から

選考をするためには、始めてその学生の事を知る資料となります。

キチンとていねいに書くことはもちろんのこと、少しでも印象に残るようなものに仕上げたいところです。

 

ESの評価基準

そもそもESはどのように評価をされるのでしょうか?何事もそうですが、評価の基準というものがわかっていないと時間

が取られた割に、的外れな内容になってしまいますよね。

もちろん企業によって評価の基準は違ってくるとは思いますが、共通しているポイントは同じだと思います。

それは「企業を大きく成長させることができる人材であるか」です。

ただ、これをESに書くとなると、なかなか難しいので、もう少し噛み砕いてみました。

 

1.経験や実績が採用担当者の印象に残るか

2.論理的に物事を考えられるか  

3.企業で活かせる学びを得ているか

 

 

 

上記3点が理由です。論理的に考えられる学生は「企業を大きくしてくれる人材である」という評価に繋がります。

では、ひとつひとつについて、解説していきます。

 

1.経験や実績が採用担当者の印象に残るか

企業の採用担当者はたくさんの就活生と面会します。その中でほとんど全ての学生が、経験や実績をアピールしてい

ます。では、どういうところが印象に残るかですが、経験・実績とともに努力をして得たものかどうかが重要になります。

「全国大会に出場しました」だけよりも、「毎朝、欠かさず朝練を続けた結果、全国大会に出場できました」と書く方

が、この学生は努力・継続力のある人間だという印象を持ってもらえます。

2.論理的に物事を考えているか

論理的と書くと難しいことを書く?・・となるかもしれませんが、「筋道をたてて、わかりやすく相手に伝えられるか」とい

うことになります。

社会に出ると、論理的に物事を伝える機会が増えます。では何故、論理的でなければいけないのか?それは

①仕事を早く進められる

②ビジネスを飛躍させる

③誰にでもわかる説明をする

3.企業で活かせる学びを得ているか

学生時代に学んだことは、当然ながら学生によって違います。企業から見ると何も学んでこなかった学生よりも、意欲

的に何かを学ぼうとした体育会学生の方を採用したいに決まっています。それは、入社後も意欲的で何かを学びたい

という姿勢だろうと想像できるからです。

 

このように共通の評価基準というものがありますので、頭に入れて書いていくのがいいでしょう。

 

ESの書き方の流れ

以前の記事にも書きましたが、文章を見た人にわかりやすく伝えるには、結論→概要→課題→あなたの行動→結果の5ステップで書いていくと、理解してもらいやすくなるでしょう。

1.結論

   ESの書き始めに「何に取組んだのか」の結論を述べます。結論を始めに書くことで何を1番伝えたいのかがわかりま

す。結論を最初に述べていない文章は、結果何が言いたいことなのかがわからなくなっていまいます。

2.概要(動機)

   結論のあとに、「何故、それに取組んだのか」の概要(動機)を説明します。概要(動機)を書く理由は、読み手

である採用担当者に共感してもらうためです。

3.課題(目標)

   概要(動機)に対して、「どんな目標をたてたのか」を述べます。目標もなしに取組んだ内容だけ話すと採用担当

者からは非効率な人という印象を持たれます。

4.行動(取組)

   課題(目標)を述べたあとに、課題に対しとった、自分の行動「何を取組む必要があったのか」を説明します。

「なぜ、その取組をしたのか」が説明できると更に説得力が増し、良い印象を与えます。

 

5.結果(学び)

   最後に今回の行動で何を得た(学んだ)かを述べるようにします。何を得たのかを伝えないと、ただ目標を達成した

エピソードを伝えただけになってしまうので、何を得たかをしっかりと述べるようにしましょう。

さらに、その結果(学び)が企業に入社して活かせることであることを伝えるようにするといいでしょう。

 「企業に入っても活きる学びはなにか」という目線で作るのが重要です。

 

さいごに

これまで述べたようにエントリーシートは評価基準を理解して、論理的に作ることが重要です。

体育会学生は一般学生に比べて、「部活」「体育会」という企業が評価してくれる要素を持っているので、ポイントをしっかりと抑えて伝えることを意識しましょう。

 

スポキャリでは登録してくれた学生へESのアドバイスや添削などのサポート(相談)も行っています。

一人で悩まず、一緒に頑張りましょう!

 

ニュース一覧へ