メインコンテンツに移動

22卒の就活スケジュール

2021年02月19日 16:49

スポキャリ

  • 22卒の就活スケジュール

2月も残りわずかとなりましたが、首都圏含む10都府県が緊急事態宣言の延長となりました。
連日、新型コロナウイルスに関する報道が続き、これから本格的に始まる就職活動がどうなるのか?
2022年卒の体育会就活生の皆さんは、不安に思われていることでしょう。

今回は、2021年2月時点での、22卒生の就活スケジュールについてお伝えしていきます。
いつからどんなことが起きるのか?また、今から準備しておくべきことは何か?を押さえておきましょう。

今後のスケジュール

毎年3月の解禁よりも早く動き出す企業が増加していますが、今年もその傾向が顕著に表れています。
就職情報サイト〈あさがくナビ(朝日学情ナビ)〉が実施したアンケート「2022年卒 内々定率調査 2021年2月」によると、すでに内々定率が14.7%と昨年同時期を上回り、特に理系の内々定率が昨年以上にハイペースで進んでいるようです。
また、体育会学生は3月になると部活も本格化して、一気に忙しくなるため、自己分析や業界研究といった、手元でできる就活の準備は、2月中に一定仕上げておきましょう。

22卒も、3月1日よりナビサイトを中心に採用情報が解禁されます。情報解禁と共に、説明会やプレエントリーなどが一斉に開始になります。
オンライン説明会の場合、以前の会場よりも収容人数は多くなっているはずですが、申し込み人数制限はありますので、油断しないようにしましょう。
一気にたくさんの企業とのやりとりが始まる可能性があるため、練習等の予定含め、自分に合ったスケジュール管理方法を見つけましょう。

22卒の就活はこれまでと違うか?

1番の大きな違いは、感染拡大を防ぐための予防策を徹底した中で、選考が行われるということです。
一般に浸透してきたオンラインでのインターンシップや選考の他、対面の場合も会場の使い方は大きく変わっています。
大手ナビサイトの合同説明会が中止となったり、今まで頻繁に行われていたOB/OG訪問の機会が減るなど、企業と学生が出会う方法の一部が変更を余儀なくされています。そして、代替策の検討に、各社対応に追われている状況です。

オンライン化はさらに進む
就活に限らず、社会全体で様々なことがどんどんオンライン化されました。今まで対面でないと無理だと思われていたものも、意外と遠隔でできた…という話も多々聞かれます。
今後、もし新型コロナウイルスの騒動が解消されたとしても、全てが対面に戻る可能性は低いと考えられています。
部活で忙しい体育会学生からすると、移動時間や交通費の削減といったメリットは享受できるでしょう。
対面式とリモートをうまく併用していくことが重要と思います。

部活・就活が本格化する前に行うこと

部活も就活も3月に入ると一気に忙しくなります。春休みで部活も終日行う場合もあるでしょう。
一方、就活の方も1日に何社も説明会や選考があるというケースも出てくる可能性があります。
特に就職活動には「選考に受かる力」そして「入社する会社を判断する力」を蓄えるための時間が必要です。
そのため、それぞれの時間的余裕がなくなる前にやれることはできるだけやっておきましょう。

自己分析

自己分析は、「選考に受かる」ためだけでなく、「自分にあった会社」を探し、選ぶためにも大変重要です。この就活時期でないとなかなか自己分析というのはできないと思います。
自分の軸を作る発見するためにも、しっかりと時間をかけて自己分析を行いましょう。

業界研究

まだ具体的な企業の選考が始まっていないうちでも、気になる業界や仕事について調べることはできます。
イベントなどに参加してみて、世の中にはどんな仕事があるかを知ることから始めましょう。
業界研究を全くしていないまま情報解禁を迎えてしまうと、「とりあえず知っている有名企業に応募する」ということになってしまいがちです。しかも、そういった体育会学生は、事前に業界研究をして、しっかり志望動機を言える一般学生に負けてしまいます。

就活マナー・SPIの勉強など

ほとんどの就活生は、就職活動を通して、初めてしっかりと社会人と話す機会を持ちます。
その際、基本的なビジネスマナーが見られますので、不安がある人は時間のあるうちに身につけておきましょう。
また、SPIといった試験の準備も、忙しくなると手が回らなくなります。時間のあるうちに問題集を解いて、試験の感覚をつかんでおきましょう。

キャリアアドバイザーに相談してみよう

コロナ禍で相談しにくい環境

いままでと違い、授業もオンラインで学校へも行かないため、キャリアセンターとの接点も
少ない、先輩などOB/OGにも会えないなど、なかなか相談できる環境がないという声をよく聞いています。

先程も記載したように、事前に行う準備の自己分析やエントリーシートなどでも相談したいことはたくさんあると思います。
スポキャリでは豊富な経験のキャリアアドバイザーを揃えています。
特に時間のない体育会学生にとっては、心強い相談相手になると思います。
是非、積極的に活用して頂ければと思います。

「スポーツをやっていてよかったのために」 部活も就活も全力でがんばりましょう!

※スポキャリ キャリアアドバイザーに相談希望の方は、以下までメールしてください。

メールアドレス info@spokyari.co.jp

ニュース一覧へ